消費者金融の現在と過去の変化

現在消費者金融は、昔と比べると大きく様変わりしています。その大きな要因は、貸金業法の改正です。どのような変更がされたかというと、まず総量規制が行われました。総量規制とは、借入残高が年収の三分の一を超える場合には新規の借入が出来なくなるというものです。これによって、借入する際に基本的に年収を証明するものが必要になりました。これは、借り手にとっては借りすぎのリスクを軽減できる反面ある程度まとまったお金が必要な方にとってはマイナスの面もあります。次に行われた変更は、上限金利の引き下げです。昔の場合には、年間の法律上の上限金利が29.2パーセントに設定されていましたが、現在は借入金額に応じて15パーセントから20パーセントに引き下げられています。これは、利用者にとっては返済の際にかかってくる金利の負担が小さくなるので、大きなメリットです。それから、この金利の引き下げによって消費者金融に対する過払い金が多く発生し消費者金融に対してたくさんの過払い金請求が行われています。また、貸金業者に対する規制の強化が行われ貸金業務主任者を営業所の置くことが必要になっています。この様に、現在では消費者金融に対する規制が厳しくなって利用者のリスクが軽減されています。

消費者金融は一般の人がお金を借りやすい場所です

人間にとってお金は大事なものですが、思うようには手に入らないものです。どんなに働いても出費することが多く、なかなかお金が手元に残ることはないものです。それどころか収入よりも支出が上回ってしまうことも良くあるものです。そうなってしまったら貯金を取り崩すか、貯金がない場合は誰かにお金を借りなければ生活ができなくなってしまいます。ですがお金というのはそんな簡単には貸してもらえるものでもないです。知人や友人ならお金も借りやすいですが、とかくお金が絡むとトラブルになりやすいので借りないほうが身のためです。友人や知人は大切な人達ですから、失うようなことはないほうが良いものです。それ以外で私たちがお金を借りやすいのは消費者金融です。諸費者金融は別名サラ金というように、サラリーマンの人が良くお金を借りる場所なのです。消費者金融はその名の通り一般の消費者がお金を借りやすいように設立されたものです。一般に銀行などの金融機関は審査が厳しいので、一般の人が気軽にお金を借りるのは難しいものです。ですが消費者金融なら無担保で審査も銀行ほど厳しくないので、一般の人でもお金を借りやすいのです。昔は金利が高かったのですが、法改正により金利が低くなったのでだいぶお金を借りやすくなりました。